--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-28

大学が推薦・AO入試で求める学生像とは?

 推薦入試制度は、大学側が人員を確保するための「青田刈り」制度であるから、一般入試より入りやすい、ということが言われます。確かに、地方の定員割れを起こしている大学であればそういうこともあります。しかし、首都圏の人気のある大学の推薦入試は、入学希望の受験生が殺到するため、決して入りやすいということはありません。実際に、推薦入試では競争率が5倍以上の大学がひしめきあっています。

       では、大学は推薦入試でどのようなな学生を求めているのでしょうか。

それは“優秀な”学生ということに尽きます。優秀な学生を他の大学に持っていかれる前に確保しておきたい、というのが大学側の本音でしょう。

では何をもって“優秀”というのでしょうか。それは「この大学に入ってどうしても○○をやりたい!」という
強い目的意識をもった学生であるということです。単純にテストで良い点を取れるという意味の「優秀な」学生ならば、一般入試である程度確保することができます。

しかし、推薦入試では特に


 ①コミュニケーション力  ②行動力   ③熱意 

を持った学生を求めているのです。


大学も経営が大事ですから、できるだけ多くの学生に来てもらいたいわけです。学生に入学してもらうようにするために大学側は様々な方法を採ります。将来も安定的に学生に入ってきてもらうためには、

その大学自体が魅力ある大学であり続ける必要があります。その前提となるのは、

通ってくる学生や卒業生が生き生きとしていて魅力的であるということです。
 

入学を希望する学生には納得して通ってもらいたい。それならば、第一志望で入ってきてくれる学生が一番良い。その意味では

「どうしてもこの大学に入りたい」という気持ちを

前面に出して入ってきてくれる学生
こそ大学側は推薦入試で求めているのです。


 大学側はみなさんに他の学生の模範となってくれることを期待しています。他の学生に良い影響を与え、大学内全体を盛り上げてくれるような人物が大学活性化のために必要なのです。

鶴の一声・・・では大学が推薦AO入試で学生に求める

①コミュニケーション力  ②行動力  ③熱意

とは具体的にどのようなもので、

いかに面接官に伝えていけばいいのか

をこのブログでしっかり学びんでいきまつでつ









スポンサーサイト
2008-02-28

推薦入試ガイダンス

推薦入試で合格を勝ち取るために「何をするべきか」を、受験生のみなさんに分かりやすく伝えていきます。でもその前に、まず
「推薦入試では何が求められているのか」、ということから確認しておきましょう。

【推薦入試で合格する人とはどんな人?】
 多くの高校生や浪人生を添削してきた経験から、「合格できる人」とは、ズバリ

「なぜうちの大学に入りたいのか」という

志望理由を、

自分の言葉で


明確に話すことの出来る人です。


推薦入試では多くの大学で、高校の評定平均(学校の成績)以外に、

①エントリーシート(自己PR・志望理由書)

②小論文試験 ③面接試
の3つの試験を課しています。

毎年エントリーシートの添削をしていると、「私は将来○○になりたい」ということを一生懸命書いてくる受験生を多く見かけます。もちろん、志望理由を述べる上で、将来の夢や希望を述べることは必要なことなのですが、

大学側は特に「なぜうちの大学に入りたいのか」を聞きたがっています。

他の大学ではなく、なぜその大学なのか
、ここがポイントです。
 この点を明確に述べることのできる受験生は実はほとんどいません。

ところで、就職活動においては“業界研究”と“企業研究”が不可欠です。まず、業界研究で自分が将来やりたい仕事の方向性を明確にし、次に、企業研究で自分のやりたいことが実現できる環境がその企業にあるか否かを調べていきます。
 
これを推薦入試に置き換えれば、将来やりたいことは“学問研究”であり、どの大学のどの学部・学科が自分にとってベストの環境であるかを考えていくのが

“大学研究”です。

しかし、ほとんどの受験生は“学問研究”の段階でとまってしまっていて

“大学研究”
までしっかりとできていないというのが現状です。

大学側が何を求めているのかをまずは理解しておく必要があります。


鶴の一声
推薦入試は①エントリーシート②小論文③面接

3つの柱から成り立っている。3つの選抜方法で

「大学が何を求めているのか」

を知ることから推薦入試対策は始まる。

②の小論文の対策には、今手に入れることのできる最高の参考書として、学研辞典編集部編

そのまま使える小論文キーワード2500

の、そのまんま使える論点・フレーズを利用すれば万全!!!!に近いでつよ。





2008-02-28

何であの子が早慶上智????それはね・・・・

    2007年の推薦入試合格速報・鶴りんごの教え子達の実績から
(個別指導の例)

早稲田大学推薦入試(建築学科)・上智大学推薦入試(英語学科)・國學院大學推薦入試(史学科)⇒全て公募制
慶應義塾大学FIT入試(法学部)・立教大学推薦入試(ちなみに全て女子)

以上の難関大学100%合格は、鶴りんごの10年の講師生活の中でも始めての快挙!!
   
  でも、それは鶴りんごが凄いのではなく、
        あくまで合格した生徒達1人1人が
           
 高校生活3年間を、自分の言葉で書き、話すことができたからなんでつ!


慶應義塾大学FIT入試や、早稲田大学・上智大学では、グループ討論プレゼンテーションをさせて、優秀な学生を見極める念のいれよう。上智大学の英語学科では
日本語面接か英語面接
なのかは、面接官に会うまでわからないというユニークな面接試験。国学院大学史学科は社会人含めて採用枠わずか4名の狭き門!
           
        これらの難関大学を
           一般受験では多分無理と思っている貴方でも
                          
推薦入試で受かるのには、
                                 
             それ相応の理由がある!

            その理由は

鶴丸印の小論文奥義直伝で明らかになるのでつ!

何をどう書けばいいのか!あれこれ参考書で迷ったり、忙しい学校の先生に見てもらったり、
見当違いの努力をするよりは、去10年の推薦入試で合格した先輩達

志望理由書・自己PR書・プレゼン資料を見るのが合格への近道!

だからこのブログでは、2008年の受験生諸君のために、合格した先輩達の答案を公開していきまつ
プロフィール

鶴丸強

Author:鶴丸強
青山学院大学国際政経学部卒業。猪木正道教授に師事。大学卒業後ソニー株式会社に入社、人事部にて、給与・労務・勤務管理・採用面接等、全般に携わる。

その後独立し、大学受験を目指す高校生・高卒生を対象に、現代文・小論文・社会人基礎力を教える予備校講師、及び、大学生、大学院生を対象とした就活指導にあたる。

AO入試合格後の高校生対象に、12回の講義で毎年2月開催の簿記3級を取得させる講座および、ディズニーやマクドナルド等高校生にもおなじみの企業の財務諸表の読み方を教える「社会人基礎力講座」が大好評!

現場経験に基づいたわかりやすく面白い楽習指導により、13年間で約1600名の高校生・高卒生・社会人のエントリーシート添削と面接指導にあたる。テーラーメイドの志望理由書作成と面接指導により、毎年高い合格実績を出し続ける。社会人基礎力養成講師。簿記講師。

「読み書き簿記を義務教育期間で完全マスター」をスローガンとして、震災後の日本再生を教育面から行い、知的武装集団を輩出し続けてゆく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。