--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-29

AO・推薦入試で何をなすべきか!

大学側が求める学生像が、

「コミュニケーション力と行動力のある人物

であるということがこれまでの説明でわかった今、みなさんは、

大学側が満足するような自分らしさ(コミュニケーション力と行動力があること)を、

エントリーシートや面接の場で、具体的に自己PRすること ができれば、

他の受験生に先んじて推薦合格を勝ち取ることができるのです。

そのためには、まず自分がどんな人間なのかという「自己分析」をしっかりと行って

おく必要があります。
受験生たちの多くは、この「自己分析」をおろそかにして、「なんとなく」推薦入試を受験している状況です。そうであれば、
このブログで、「ツボ」をおさえて対策を立てるみなさんが勝てないはずがありません。

 これらのことを自分でやろうとしてもなかなか難しい面があります。
例えば、エントリーシートは誰かに添削を受けながら進めなければなりませんし、

小論文も独学では厳しいといわざるを得ません。
しかし、この点でもみなさんには鶴丸も執筆した
   ↓      ↓       
            
そのまま使える小論文キーワード2500
がありますから心配はいりません!常に手元に携帯し、活用しまくりましょう!


面接も同じです。仮に学校の先生が対応してくれるといっても、あなただけに付きっきりになって対応してくれるわけではありません。

“大学研究”と簡単に言っても、何を研究するべきかは受験生一人一人で違いますから、
面談、添削といったきめ細かな指導を行ってくれる環境がどうしても必要です。



推薦入試を知り尽くしたスペシャリスト

     である鶴丸強直接指導してもらえる環境が必要です。

              このブログの目的はそこにありまつ。


 それでは、いよいよこれからは、具体的に薦入試合格へ向けての対策に入りまつ。


次回

①コミュニケーションとは何か・・・・5つの要素


②行動力とは何か・・・・・・・・・・・・2つの要素


                                              お楽しみに






スポンサーサイト
プロフィール

鶴丸強

Author:鶴丸強
青山学院大学国際政経学部卒業。猪木正道教授に師事。大学卒業後ソニー株式会社に入社、人事部にて、給与・労務・勤務管理・採用面接等、全般に携わる。

その後独立し、大学受験を目指す高校生・高卒生を対象に、現代文・小論文・社会人基礎力を教える予備校講師、及び、大学生、大学院生を対象とした就活指導にあたる。

AO入試合格後の高校生対象に、12回の講義で毎年2月開催の簿記3級を取得させる講座および、ディズニーやマクドナルド等高校生にもおなじみの企業の財務諸表の読み方を教える「社会人基礎力講座」が大好評!

現場経験に基づいたわかりやすく面白い楽習指導により、13年間で約1600名の高校生・高卒生・社会人のエントリーシート添削と面接指導にあたる。テーラーメイドの志望理由書作成と面接指導により、毎年高い合格実績を出し続ける。社会人基礎力養成講師。簿記講師。

「読み書き簿記を義務教育期間で完全マスター」をスローガンとして、震災後の日本再生を教育面から行い、知的武装集団を輩出し続けてゆく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。