--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-06

靴を磨き、己を磨け!べルルッティ

並木通りで「ベルルッティの靴」に出会い、全身がしびれるような衝撃を受ける!
ギリシア神話に出てくるヘルメスの翼のはえた靴に限りなく近い靴!
その名は「フィルダリアーヌ!」アリアドーネの糸で迷宮を抜けてテセウスを帰還させる道標となった糸をモチーフとして刺繍を施した最高峰の靴でつ!色は、バーミリアン=朱色
今年は靴を磨き、己も磨く!べルルッティに出会えたのは最大の収穫!

閑話休題!

大学全入時代の到来!あなたはそんな大学でもいきますか?

大学生の半数以上が1ヶ月に本を一冊以下しか読んでいないことが世論調査で明らかになっている。
ゆとり教育の結果は、読み、書き、話し、計算する、といったリテラシーの能力が欠如した劣悪若年層の輩出でしかなかった。
もはや一人1票が「実質的平等」ではない時代の到来。
昔とは異なる形の制限選挙のあり方を議論してもいいのではないだろうか????
今大學で起きていることは以下の記事にある通りであろう。


「とにかく学生たちに勉強する意欲がない」
例えば、授業には出ても授業時間中教室内でずっと携帯メールに没頭している学生が大勢いるかと思えば、 授業中の私語のひどさも小学生並の状態にあるそうだ。
また、何か課題を出しても、軽くインターネットで答えが見つからないと「グーグルで探したけれど出ていませんでした」と当たり前のように回答してくる生徒等々、想像もつかないような事態が大学内で起きている。
難関校と言われる有名大学は軒並み生徒を増やしマンモス化の道をひた走る一方で、全国の私立短大や地方大学で定員割れが続出し、06年度には実に40%超の大学が定員割れに陥っている。
「大学全入時代」の裏で、経営的には大学間の勝ち組と負け組の両極化が進んでいる。
そうした状況の中、大学側も、あの手この手を講じて、生徒確保に奔走している。従来からの一般試験やセンター試験、推薦入学に数々のバリエーションを加え、何か一科目でも得意科目があれば合格しやすい制度を作り上げた上で、更にAO入試という新たな枠を設け、学力を問わず誰もが大学に入れる状況を作っている。
特にAO入試は1990年に慶応大学が最初に導入した当初は、学力テストでは測れない才能を発掘する画期的なシステムとして評価も高かったが、次々と他大学が導入するうちに、評価基準の曖昧さが災いし、文科省が制限を加えている推薦枠の抜け穴として多用されるようになっている。



もともと大学に行くべきではなかった者や、そもそも何のために大学に行くのかを全く考えていないような者までが大学に行くようになったことの当然の結果といえよう。
希望さえすれば誰でも入れる大学が見つかる「大学全入時代」の弊害が今起こっている。
そして今年も4月から予備校での授業が始まる!

吉田松陰先生の如く、

1人ひとりの適性を見抜き、

おのおののやる気に火を点じていけるよう

幸運を呼ぶ風水の力を味方に 2008年北京五輪の年も

現代文・小論文・就活で

G1馬を多く輩出し続けまつ

スポンサーサイト
プロフィール

鶴丸強

Author:鶴丸強
青山学院大学国際政経学部卒業。猪木正道教授に師事。大学卒業後ソニー株式会社に入社、人事部にて、給与・労務・勤務管理・採用面接等、全般に携わる。

その後独立し、大学受験を目指す高校生・高卒生を対象に、現代文・小論文・社会人基礎力を教える予備校講師、及び、大学生、大学院生を対象とした就活指導にあたる。

AO入試合格後の高校生対象に、12回の講義で毎年2月開催の簿記3級を取得させる講座および、ディズニーやマクドナルド等高校生にもおなじみの企業の財務諸表の読み方を教える「社会人基礎力講座」が大好評!

現場経験に基づいたわかりやすく面白い楽習指導により、13年間で約1600名の高校生・高卒生・社会人のエントリーシート添削と面接指導にあたる。テーラーメイドの志望理由書作成と面接指導により、毎年高い合格実績を出し続ける。社会人基礎力養成講師。簿記講師。

「読み書き簿記を義務教育期間で完全マスター」をスローガンとして、震災後の日本再生を教育面から行い、知的武装集団を輩出し続けてゆく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。