--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-09

賢者は歴史に学ぶ!

前回までの24・・・じゃなかった、あらすじでつ。

もともと大学に行くべきではなかった者や、そもそも何のために大学に行くのかを全く考えていないような者までが大学に行くようになったことの当然の結果といえよう。
希望さえすれば誰でも入れる大学が見つかる「大学全入時代」の弊害が今起こっている。

テポ先生からの回答
江戸時代の教育は貧富差に関わらず、初等教育が明確な社会教育になっていた点、またその教育機関の普及率と高い識字率(60%)が明治維新・文明開化の原動力であると高く評価されている。

そして今回
フリーター、ニート、大学に本来ならいくべきでない者など
現代社会の抱える諸問題の解決の糸口を、
松平定信の「寛政の改革」から学びまつ!

愚者は経験に学び、鶴は歴史に学ぶしかないようでつ。

碩学テポ氏も指摘したとおり、
明治維新成功の背景には、実は江戸時代

労働生産性や教育水準の高さがあり

マニファクチャーやギルド(組合)の成立があり

「近代化への萌芽」は、すでに江戸時代に始まっていたという点は
小論文・東大記述対策では重要でつ!

都会にあこがれ、挫折し、ホームレスになるという問題に対して、江戸時代には画期的な政策を行っていた!

「100万人都市」江戸は当時の世界でも屈指の巨大な消費都市。
江戸に行けば「仕事があるかもしれない」「生活が今より豊かになるかもしれない」と考え、
多くの人々が流入し、その一部がホームレスとなり社会問題化していく。
そこで幕府(松平定信)は、

「旧里帰農令」を発令、石川島(現在の中央区)に「人足寄場」を設置。

・旧里帰農令とは、地方出身の農民たちに資金を与えて帰農させ、江戸から農村への人口移動を狙った政策。
江戸から見れば「働かない者は田舎へ帰れ」といった庶民には厳しい政策
だが、
視点を変えて見るならば、地方にとっては過疎対策、人材確保対策でもある。

現代の日本の抱える問題とクリソツ!
ならば現代社会の抱える上記諸問題を一挙に解決するための政策として、
「平成版帰農令」こそ最良の政策????
野郎ども!田舎に帰り食料自給率を上げよ! 小麦を食うな!米を食え!

・人足寄場とは、ホームレスを石川島に設置した宿場に集め、更生社会復帰させる自立支援施設。
軽犯罪人を収容し、彼らが新たな犯罪に走る前に身柄を拘束し、
劣悪な生活環境の下、重労働を強いることでホームレスでいることの意味を自覚させ、ホームレスを減少させる目的もあったらしい。
たしか一度自殺を試みて未遂に終わった者は二度と自殺しないという内容の評論読んだ記憶あったぞな!近年では「戸塚ヨットスクール」の存在があったか!

とにかく、今日叫ばれている「弱者のセーフティネット」を定信は江戸時代に既に実施していた!

「寛政の改革」は、現代社会の問題につて、鋭く、分析的に小論文で書き上げるための具体例としては最適なのでつ!

読者コメントより・・・・
歴史上の事実は現代に当てはめると何に当たるのか、ということを考えながら歴史を学ぶと、
こういった共通点が見えてきて、知的好奇心を刺激しますね。

「日本史を知らない」じゃ済ませられなくなってきました…
スポンサーサイト
プロフィール

鶴丸強

Author:鶴丸強
青山学院大学国際政経学部卒業。猪木正道教授に師事。大学卒業後ソニー株式会社に入社、人事部にて、給与・労務・勤務管理・採用面接等、全般に携わる。

その後独立し、大学受験を目指す高校生・高卒生を対象に、現代文・小論文・社会人基礎力を教える予備校講師、及び、大学生、大学院生を対象とした就活指導にあたる。

AO入試合格後の高校生対象に、12回の講義で毎年2月開催の簿記3級を取得させる講座および、ディズニーやマクドナルド等高校生にもおなじみの企業の財務諸表の読み方を教える「社会人基礎力講座」が大好評!

現場経験に基づいたわかりやすく面白い楽習指導により、13年間で約1600名の高校生・高卒生・社会人のエントリーシート添削と面接指導にあたる。テーラーメイドの志望理由書作成と面接指導により、毎年高い合格実績を出し続ける。社会人基礎力養成講師。簿記講師。

「読み書き簿記を義務教育期間で完全マスター」をスローガンとして、震災後の日本再生を教育面から行い、知的武装集団を輩出し続けてゆく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。