--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-27

ケインズの美人投票とバフェット!

「さまざまな試練を超えて幾多の転変をくぐり抜け、われわれは前進する」                       
       
                                (ベンジャミン・グレアム 「賢明なる投資家」より)

20世紀最大の経済学者ケインズの株式投資理論が今日のお題。
「雇用と利子および貨幣の一般理論」は経済学部の学生の必読書!
鶴も学生時代、ブロンフェンブレナー教授の国際経済学で学びました。超懐かしい・・・・

株式投資は、投票者が100枚の写真の中から最も美しいと思う6人の女性を選び、その選択が投票者全体の平均的な好みに最も近かった者に商品が与えられるという美人投票に見たてることができるとし、この場合、各投票者は自分が最も美しいと思う美女を選ぶのではなく、

他の投票者の好みに最も合うと思う美女を選択しなければならず、しかも投票者の全てが問題を同じ観点からみていると述べている。

株式投資では、自分の好みや考え方もさることながら、他人の考えをどう読むのかも大切になってくるという教えでつ。
投票者=市場参加者の多くのプレーヤーが、容貌が美しいであろうと判断する写真=銘柄を選ぶことが有効な投資方法。
マッチポンプのマスコミの杜撰な記事に翻弄されず、慧眼していただきたい。
そのためには学生時代に株式投資のプレーヤーになり試行錯誤してみることをお勧めします。
・・・・チャイナクラブ会長 鶴丸  強

以下は中国株投資家のバイブル!?サーチナの記事からの抜粋でつ!記事を生かすも殺すも
貴方次第なのでつ!マスコミは疑え!テポ、はさみ同様つかいようですわ!

 米著名投資家のウォーレン・バフェット氏が最近5億ドルを中国株式に投じようとして拒絶されていたことが分かった。同氏が米CNBCの取材を受けて語ったもの。そのインタビューで同氏は再三、中国の相場が今が狙い目であることを語っていたという。新華社はじめ、中国現地メディアが伝えた。

  同氏が投資しようとした業界、個別銘柄の名称などは語らなかったという。ただし、「今回の試みは非常に有意義だった。環境が整えば、大規模な投資を行うことになるだろう」と語ったという。

  特に中国の現行の外資制限に関する政策に触れて、現在、中国国内では(外資が)自由に株式を売買できないと指摘。再投資を示唆した前言のタイミング、「環境が整えば」という条件について暗に示した形となった。

  現地メディアでは同氏が以前5億ドルで中国石油天然気(ペトロチャイナ)に投資、数年後に35億ドルの利益を出して売却していることに触れた。日本の中国株投資家にとってはあまりにも有名な「伝説」となっている。


 米著名投資家のウォーレン・バフェット氏が最近5億ドルを中国株式に投じようとして拒絶されていたことについて、公表されていない投資先についての憶測が飛び交っている。最有力候補は中国大手銀行の一つ中信銀行。ただし、中信銀行はそのような情報を受け取っていない、として、これを否定した。

  バフェット氏が最近5億ドルを中国株式に投じようとして拒絶されていたことについては、同氏が米CNBCの取材を受けて語ったもので、投資しようとした業界、個別銘柄の名称などには触れず、「今回の試みは非常に有意義だった。環境が整えば、大規模な投資を行うことになるだろう」と再投資を示唆した発言をしていた。

  バフェット氏が5億ドルの投資を試みたのは中信銀行――このような噂が中国現地メディアを駆け抜けた。憶測の根拠として、業績が好調であること、中国の金融開放は米国の方針がかなり色濃く反映されていること、先日同行の親会社、中信集団が米有力投資銀行のベアー・スターンズへの出資を検討していたこと、などが挙げられている。

  中信銀行の2008年1-6月中間決算では、最終利益は前年同期と比べて162.6%増の84.17億元(約1262億円)。事前予想をはるかに超える大幅な増益を実現していた。中信銀行は、上海と香港にそれぞれ上場しており、香港のH株株価は26日、前日比2.366%高の4.76香港ドルで引けた。直近のPER(株価収益率)は18倍程度。

中国移動(チャイナモバイル)が2008年1-6月中間決算を発表したが、この半年間の1日当たり純利益が3億元(約45億円)に達する見込みだ。08年1-3月の第一四半期決算では、中国石油天然気(ペトロチャイナ)がその四半期の間での1日当たり利益が3.17億元(約47.55億円)となり、「アジアで最も稼ぐ会社」といわれていたが、中国石油天然気の業績が思うように伸びていないことも予想され、今回、「アジアで最も稼ぐ会社」の座は中国移動に移りそうだ。新華社などが報じた。

  28日に発表された中国移動の中間決算によれば、営業収益は前年同期比17.9%増の1965億元(約2兆9500万円)、最終利益は同45%増の548億元(約8220億円)となった。この期間の新規加入件数は4525万件。



スポンサーサイト
2008-08-18

ついに公開!推薦入試突破の奥義

ある書物によれば自己推薦書作成方法と題してはこうあります。

自分の長所・特技をアピールする書類である。したがってまずは、「何をアピールするか」が重要。
ただし、そのアピールする事柄が、大学が求めるものと一致している必要がある。また、アピール内容については、大学入学後、または、社会に出たときに、役立つ事柄でなければならない。

それがわからないからわざわざお金だして買ったのに・・・・ね!そんな生徒のために

鶴丸ゼミで教えている奥義をこのブログを見ている皆さんにも特別に公開しまつ。

推薦入試では特に

 ①コミュニケーション力  ②行動力   ③熱意 を持った学生を求めています。

入学を希望する学生には納得して通ってもらいたい。それならば、第一志望で入ってきてくれる学生が一番良い。その意味では「どうしてもこの大学に入りたい」という気持ちを
前面に出して入ってきてくれる学生こそ大学側は推薦入試で求めているのです。

鶴の一声・・・では大学が推薦AO入試で学生に求める

①コミュニケーション力  ②行動力  ③熱意とは具体的にどのようなもので、

いかに面接官に伝えていけばいいのでつか?

人間はポリス(社会)的存在です。したがって推薦入試で問われるコミュニケーション力とは
     
     1、自分と異なる他者と出会い、相手をあるがまま受け入れる力
     2、よく相手の話すことに耳を傾ける力
     3、理解しようと努力し、相手と共感し合う力
           1+2+3=力を合わせて新しいものを創り出す共創力

              受容・傾聴・理解・共感

まずは自らの小学6年間、中学3年間、高校3年間の体験を書き出し、その中から今述べたコミュニケーション力(受容・傾聴・理解・共感)を証明できるエピソードをピックアップしてみましょう。
次にその体験な中から「これは」と思うものを、自分の言葉でキャッチフレーズ化してみましょう。

後は、各大学で要求されている字数に応じて、
その経験における問題解決のためのアイデアと行動力を具体的に書きます。
そこから学んだことと、その経験を大学でどう活かしていきたいのかをまとめたら完了。

エントリーシートに書き、面接で伝えることができれば合格に近つきまつ。
ブログには合格した生徒の自己推薦書を掲載しています。是非コミュニケーション力のアピールの仕方を参考にして栄冠を勝ちとってください。


あとの2つ。行動力・熱意に関しては、鶴の推薦入試対策の受講生達に叱られます。
鶴がブログでお話しできるのはここまででつ。




プロフィール

鶴丸強

Author:鶴丸強
青山学院大学国際政経学部卒業。猪木正道教授に師事。大学卒業後ソニー株式会社に入社、人事部にて、給与・労務・勤務管理・採用面接等、全般に携わる。

その後独立し、大学受験を目指す高校生・高卒生を対象に、現代文・小論文・社会人基礎力を教える予備校講師、及び、大学生、大学院生を対象とした就活指導にあたる。

AO入試合格後の高校生対象に、12回の講義で毎年2月開催の簿記3級を取得させる講座および、ディズニーやマクドナルド等高校生にもおなじみの企業の財務諸表の読み方を教える「社会人基礎力講座」が大好評!

現場経験に基づいたわかりやすく面白い楽習指導により、13年間で約1600名の高校生・高卒生・社会人のエントリーシート添削と面接指導にあたる。テーラーメイドの志望理由書作成と面接指導により、毎年高い合格実績を出し続ける。社会人基礎力養成講師。簿記講師。

「読み書き簿記を義務教育期間で完全マスター」をスローガンとして、震災後の日本再生を教育面から行い、知的武装集団を輩出し続けてゆく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。