--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-31

2009年世界の中の日本

日本政府は米国債の放棄を、無策なら1ドル=50円も-三國陽夫氏
  12月24日(ブルームバーグ):日本政府は外貨準備で保有している米国債の一部を放棄し、米国経済の再建を支援すべきだ-。格付け会社、三國事務所の三國陽夫代表は18日のインタビューで、日本が来年春頃までに思い切った債権放棄に踏み切らない場合、1ドル=50円程度まで円高・ドル安が進みかねないとの見解を示した。

  三國氏(69)は、
「世界の歴史に照らせば、2国間に発生した巨額の債権・債務は決済されない」と述べた。

債務国が消費抑制と輸出振興で返済の元手を稼ごうとすると
債権国は輸出が減って稼働率が低下するため
両国とも持続可能性が危ぶまれるほど景気が悪化する恐れがあると
解説。「両国にとって、決済するメリットはない。日本は結局、債権放棄するしかない」と語った。

  世界的な金融危機を背景に、米国内総生産(GDP)の実質成長率は7-9月期に前期比年率0.5%減少した。世界経済をけん引してきた個人消費は 3.8%減と、1980年以来の大幅な減少。日本の対米輸出は11月まで、15カ月連続で前年実績を下回った。ブルームバーグがまとめた市場予想によると、米実質成長率は10-12月期には4.35%減に悪化。2009年4-6月期まで、マイナス成長が続く見通しだ。

  三國氏は、住宅市場を中心とした米国の経済成長メカニズムが、サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題に端を発する金融危機で「焼け落ちてしまった」と話した。米家計が抱える住宅ローン残高の過剰分が「3兆ドル、GDP対比で約22%」あり、「5-6年で解消するとしても、名目GDPを3-4ポイント押し下げる」と推計。「金利が下がっても、元本返済の重圧がのしかかる」ため、米経済が「急回復することはない」と予想した。

  住宅価格の上昇を背景とした「消費主導型の経済成長ができなくなった米国は、生産・輸出を増やして企業収益を稼ぎ、雇用・所得・消費増につなげる新しいメカニズムを築く必要がある」が、「米国には生産設備が不足しているため、日本や欧州から購入しなくてはならない」と指摘する。

          米国債増発、金利上昇も

  しかも、米財政赤字は急拡大している。米財務省が15日発表した年次報告書によると、ブッシュ米政権による金融業界支援や景気対策の結果、07年10月-08年9月の歳出は歳入を1兆100億ドル上回った。前年は2760億ドル。財政赤字は「当面、高水準にとどまる公算が大きい」という。オバマ次期米大統領は2年間で300万人の雇用を創出する方針。来年、8500億ドル規模の景気刺激策を議会に提案する可能性がある。

  米連邦準備制度理事会(FRB)は16日、政策金利を0%-0.25%に引き下げるとともに、「異例な」低金利を「一定期間」続ける方針を示唆。長期国債の買い入れ検討も明らかにした。米10年物国債利回りは19日に一時、53年以降で最低の2.0352%を記録。米財務省短期証券(Tビル)3カ月物の利回りはマイナス0.05%に低下。2年債利回りは17日、データ集計開始以来で最低の 0.6044%をつけた。

  しかし、三國氏は「米国債の発行残高は今後も増える。米国は債務国なので、低金利では資金調達が難しい。不況下の金利上昇に見舞われかねない」と予想。日本の債権放棄で米国債の残高が減れば、米国は「金融機関の救済や景気テコ入れに心置きなく財政出動し、長期的な経済再建に必要な生産設備も十分に輸入できる」とし、「米国のみならず、日本にも世界にも有益だ」と語った。

            対外債権、630兆円

  対米債権の放棄では、「世界最大の債権国である日本が先鞭をつけ、多国間協議への道をひらくべきだ」と、三國氏は話す。日本の外貨準備高は約1兆ドルと、首位の中国(約1兆9000億ドル)を下回る。ただ、民間部門の対外資産が多いため、官民合わせた対外債権は、中国より「はるかに多い」約630兆円に及ぶと推計。政府が保有する米国債の一部放棄は可能だと主張した。

  三國氏は、経済情勢が混乱した時の債権放棄は「歴史上、巨大な債権国の宿命でもある」と指摘した。第2次大戦後には米国が、戦禍に見舞われた西欧の復興をマーシャル・プランで支援し、債務免除と生産設備の供与を実施。日本の再建にも取り組んだ。英国が19世紀のナポレオン戦争後、欧州を安定させるため、巨額の債権放棄を受け入れた例も挙げた。

            タイムリミット

  日本政府が債権放棄に踏み切れない場合、三國氏は「為替市場がドル安によって、米国債の評価を引き下げる」と読む。政策対応がなければ、「1ドル=50円-60円まで円高・ドル安が進む」と試算。残された時間は「あと3カ月から5カ月。95年4月に記録した戦後最高値(79円75銭)に並ぶまで」と予想した。債権放棄は「ドラスティックな政策だが、受け入れざるを得ない」と語った。

  円の対ドル相場は17日に一時1ドル=87円14銭と、95年7月以来の高値をつけた。年初来の上昇率は約20%と、87年以来21年ぶりの大きさだ。日本銀行は19日、10月末に続く利下げと長期国債の買い切り増額、企業の資金繰りを支援するコマーシャルペーパー(CP)買い切りを決め、他のリスク資産の買い入れも検討すると発表した。

  三國氏は「強い円は、緩やかに進むなら経済にプラスだ。日本は円高の経済学を理解する必要がある」と述べた。「明治時代から外需に依存。円高を恐れ、稼いだ外貨を国内に戻さないから内需が伸びず、成長を実感できない」と指摘。今後は「稼いだ外貨は円に換え、国内で投資・消費に使って内需を盛り上げる。円高で輸入コストを下げ、購買力を高めるべきだ」と主張した。

  輸出品目は「技術面などで差別化でき、価格設定力のある分野に絞る必要がある」が、日本人が持つ「繊細さや簡潔性に基づく製品は競争優位を保てる」と指摘。日本経済は「円高を克服して成長できる力強い段階に入っている」との見方を示した。

  三國氏は1939年生まれ。63年に東京大学を卒業し、野村証券に入社。69 年には日本人で初めて、CFA協会認定の証券アナリストとなった。75年に退社。社債などの格付けを主業務とする三國事務所を設立し、代表取締役に就任した。2002年4月から04年3月まで、経済同友会の副代表幹事をつとめた。
スポンサーサイト
2008-12-29

慶應小論対策

慶應経済学部をはじめ国際政治経済学部受験生の小論対策として
必見のインタビューを記事を掲載しまつ。
熟読してから当方の授業に参加してください。
国際金融界で起きている現在の様々な現象は、米国のこれまでの赤字拡大路線と金融市場での盟主としての存在が、限界を呈しているという認識が必要です。

 <円高で内需主導の成長が可能>

 三國氏は「国内で使えない生産余力がある日本は、本格的に内需を拡大する必要が出てきた。円高を受け入れれば、輸入物価が下がり、消費者の購買力は拡大する」と述べた。

 強い円を許容することで、黒字は縮小するが、日本が買い手としての存在感を増せば、世界経済にとってもプラスであり「米国と共倒れ」という道を歩まずにすむ、と三國氏は言う。

 日本の総輸入金額は年間70兆円ほどなので、25%円高になれば、輸入代金を14兆円分減らすことが可能で、その分は国内の購買力を高めることができる。

 内需刺激の分野では、住環境の改善や省エネ技術など、政策目標は多く存在する。この点で民主党・小沢一郎代表の言う「生活者の視点」や、福田康夫首相が掲げる「消費者の視点」という政策軸は有効だ、と三國氏はみている。

      <国際通貨システムに「恐怖の理論」>   

 ドルを基軸通貨とする国際金融システムにおいては、2つの「恐怖の理論」が存在してきた。1つは、経常収支黒字国が黒字分のドルを市場で売却すると自国通貨高になり、輸出産業の国際競争力が低下するので、輸出産業を保護するために、ドル買い/自国通貨売り介入を余儀なくされるという問題だ。

 もう1つは、産油国など防衛を米国に依存する国々が、米国のコストを米国債購入などにより、間接的に負担せざるを得ないという問題だ。

  1つ目の恐怖理論については、ニクソンショック以降、日本を除く先進工業国は、完全変動相場制を維持し、黒字国は自国通貨の上昇を受け入れることで、変動相場制に備わる国際収支不均衡の自動調整機能をワークさせてきた。

 だが、円高を恐れる日本は、黒字で獲得したドルで米国債を購入し、米国にドルを還流させる政策を採ったため、黒字が累積した。13日に財務省が発表した2007年の日本の経常黒字は、前年比26.0%増加の25兆0012億円となり、現行統計に移行した1985年以降で過去最高となった。

 「ユーロ圏は調整済みであり、今後(為替面の)調整が起きるとすれば、G7諸国においては日本だろう」と三國氏は語る。    

 「恐怖の理論」の下で、中国をはじめとするアジアの黒字国は、ドル買い/自国通貨売り介入を続けきた。しかし、今後は米住宅ローンなど家計部門の借金が拡大せず、消費が伸びないため、米国の輸入は縮小し、これに伴って「現在ドル買い介入を実施している国々のドル買いのインセンティブは、おのずと低下し、ドル安が進行する可能性が増す」と三國氏は指摘する。 

 米国は最後の買い手ではなくなり、不動産価格も下げ止まらない状況で「金融機関の自己資本はき損し、今後は長期にわたる負債デフレに苦しむだろう」と予測する。

   2つ目の恐怖の理論については、湾岸協力会議(GCC)加盟国のうち、クウェートを除くサウジ、UAE、カタール、バーレーン、オマーンの5カ国は自国通貨のドル・ペッグ制を採用してきた。

 だが、ドル安で各国通貨も下落、輸入価格上昇がインフレ率を押し上げるという問題に直面しており、ドル・ペッグのインセンティブは低下している。

 1980年代は日本と西ドイツの黒字でアメリカの赤字をファイナンスした。1990年代は主に日本の黒字でアメリカの赤字をファイナンスした。現在はアメリカの赤字の4割近くが、対中国、対ロシアになっている。

 世界経済で存在感を増してきた中国やロシアは防衛力を持っているので、恐怖の理論の有効性がない。

 また、この2国がアメリカの貸し手になった場合、長期資本の貸し手ではなく、短期資本の貸し手という形態を取る可能性がある。そうなればアメリカの単独主義が揺さぶられるかもしれない、と三國氏は展望する。  

 <SWFの登場で危うくなった米所得収支の黒字>

  米国はこれまで、黒字国に米国債という米国の負債(証書)を購入してもらうことで、赤字を決済してきたが、このシステムでは、ドルが下落したときに債権国側にロスが出るのを防ぎようがない。

 そこで「赤字をエクイティーという資産で決済しようというのが、SWF(ソブリン・ウェルス・ファンド)の考え方だろう」と三國氏は語る。

 だが、これは米国にとって都合が悪い。なぜなら、米国は負債を海外に販売して、米国自身は海外のエクイティーに投資するというスタイルで、所得収支の黒字を維持してきたからだ。SWFが自由にエクイティー投資を行えば、米国は所得収支まで赤字化することが避けられない、と三國氏は分析する。

 米所得収支の黒字は2007年1―9月で406億ドルに達しており、2006年の年間366億ドルを既に上回っている。

 また、米銀はこれまで、国際政治や外交の舞台で米国政府を補完する外圧の役割を果たしてきたが、株主が多国籍化すれば、この役割も弱まるだろう。

2008-12-06

最終面接に残る人とは!

就職試験同様、多くの医系大学においては面接試験で最終的な合否がきまりまつ。私が以前勤めていた企業では新卒採用面接を行う際、学生の採用基準として人事部長から唯一言われたのが、「その学生と一緒に仕事がしたいと思うかどうかという基準で評価してほしい」というものでしたわ。
医系大学の面接試験では、「もし面接官が患者だとして、あなた(受験生)に診てもらいたいかどうか」という観点から受験生は評価されていると考えていいでつ。つまり、将来医療従事者としてふさわしい人物であるか否かという視点から、学科試験ではわからない「人となり」について、個人面接、集団面接、グループ討論などを通して諸君は選考されるのですわ。
 面接官は自分が患者なら、あなたに診てもらいたいか否かという観点であなたを評価する!ひのきにはみてほしくないですわ。

就職試験もしかり。ビジネスにおいて求められるコミュニケーション力とは受容力・傾聴力・共感力・共有力ということでつ。おもろい記事みつけました。就活生諸君は自分のことは客観視できないでつ。朴と福田さんは自分を客観的にみることができるんでつ。以下の記事をもって他山の石・医師とせよ施与!

光輝く経歴、資格。文句なしの容貌にすきのない服装。「正しい日本語」をハキハキしゃべる。非の打ちどころがない。ニュースキャスターやリポーター志望の女性にはこんな人が多い。
オーディションの書類選考は軽くパス。時事問題に関する知識教養試験も問題なし。ところが、なぜか最終面接で落とされるのがこのタイプだ。 MBAを持っていたり、英語がペラペラしゃべれても「コミュニケーション共創力」こそがキャスターには求められるということがこのタイプには、わからない。

「頭のいいデキる人であり続けたい」。そんな思いが、さりげなく相手を思いやったり、無駄話につきあって面白がったりする「余裕」を奪い去ってしまっているのだろう。 「馬鹿だと思われたくない」という防衛本能が、対人関係に必要な「すき」を作らせない。こういう人は、ディベートはうまくても、雑談が苦手だということが多いものだ。
キャスター志望A:自然環境を守るため、CO2削減策の一環としてバイオ燃料の必要性が叫ばれていますよね。その結果としての穀物価格の高騰は農業従事者の皆様方を豊かにしているのか、していないのか、どちらですか?
農家のおじさん:見ての通りうちはキャベツや白菜みてえな葉物だろ。ハウスの重油が多少値を下げてきたから、このあたりのもんはちょっとだけほっとしてんじゃねーの
A:化石燃料だのみの農業経営に将来はないと思うのですが、もっと太陽光発電や風力発電などへの転換はお考えにならないのですか?
おじさん:ん?

キャスター志望B:わあ、このトウモロコシ。札幌で食べた焼きトウモロコシより粒が大きくて、きらきら光ってる。おいしそう!
農家のおじさん:おお、そこまで熟してたらそのまんま食えっからかぶりつくか?
B:えー!いいんですか?私、お財布おいてきちゃってお金持ってませんが
おじさん:ばかこくでねえ。美人はタダだ
B:わお、美人に生まれて良かった…ナンチャッテ、いっただきまーす(ガブリ!)
おじさん:どうだ?
B:おいしい!トウモロコシってこんなにおいしいんだぁ!!これを絞ってガソリン代りにするなんてニュースで聞いたことありますが、もったいないですね
おじさん:だろう、な?


あなたが農家のおじさんなら、AさんとBさんのどちらの女性と一緒にいたいと思いますか?「この人となら、もっとゆっくり話を聞いてもいいな」と思ってもらえるのはどちらですか? 結果的に農業問題の本質を聞き出せるのはどちらだと思いますか?
2008-12-04

医受験面接対策

答えを考えておきたい質問事項

医受験では最終的に面接で合否が決まる。悔いのないようぜひ仕上げは万全にしておきましょう

http://www.medical-labo.com/  冬期・直前講習横浜校できっちり仕上げます。


自己PR
(1)あなたはどんな人間か?
1.あなたの長所は何ですか?強みは何ですか?
2.あなたの短所は何ですか?
3.友人からどのような人物だと言われますか?
4.友人は多いですか?
5.あなたを四字熟語で表現すると何ですか?
6.あなたの趣味について教えてください。
7.体力には自信がありますか?
8.あなたを○○にたとえると何ですか?(花・動物・色など)
9.1分程度で自己PRをして下さい。
(2)高校生活全般
 1.いまの高校を選択した理由は何ですか?
 2.何を目標に高校生活を過ごしてきましたか?
 3.高校時代を通してあなたが達成したことを教えてください。
 4.普段の高校生活の一日を教えてください。
 5.あなたは満足できる高校生活を送りましたか?
 6.出身高校について紹介してください。(校風・歴史・カリキュラム・学生総数など)
(3)学業・部活・ボランティア・アルバイト
 1.得意な科目は何ですか?
 2.苦手な科目はありますか?
 3.自分の成績についてどう思いますか?
 4.何か資格は持っていますか?
 5.どんな部活に所属していましたか?
 6.どのような役割を果たしていましたか?
 7.部活で一番印象に残っていることは何ですか?
 8.部活は人生でどんな意味を持ちますか?
 9.なぜ、部活に所属していなかったのですか?
10.どんなアルバイトをしていましたか?どんな目的からですか?
 11.アルバイト先ではどのような貢献をしましたか?
12.何かボランティア活動をしていましたか?

プロフィール

鶴丸強

Author:鶴丸強
青山学院大学国際政経学部卒業。猪木正道教授に師事。大学卒業後ソニー株式会社に入社、人事部にて、給与・労務・勤務管理・採用面接等、全般に携わる。

その後独立し、大学受験を目指す高校生・高卒生を対象に、現代文・小論文・社会人基礎力を教える予備校講師、及び、大学生、大学院生を対象とした就活指導にあたる。

AO入試合格後の高校生対象に、12回の講義で毎年2月開催の簿記3級を取得させる講座および、ディズニーやマクドナルド等高校生にもおなじみの企業の財務諸表の読み方を教える「社会人基礎力講座」が大好評!

現場経験に基づいたわかりやすく面白い楽習指導により、13年間で約1600名の高校生・高卒生・社会人のエントリーシート添削と面接指導にあたる。テーラーメイドの志望理由書作成と面接指導により、毎年高い合格実績を出し続ける。社会人基礎力養成講師。簿記講師。

「読み書き簿記を義務教育期間で完全マスター」をスローガンとして、震災後の日本再生を教育面から行い、知的武装集団を輩出し続けてゆく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。