--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-22

悔いなく100日間を完全燃焼してみなはれ!

年内100日間の起死回生の勉強法とは!

今年も残すところあと100日でつ。
受験や資格試験は、繰り返す回数と消費したボールペンの数で合否が決まりまつ。
英単語・熟語・文法・日本史・世界史・古文単語・漢字は
畢竟、普段使用しているテキストをあと何回繰り返し、あと何本のボールペンを消費できるかでつ。
上記の科目には、頭がいいの悪いのは関係ありません。

ここで実行できるか否かということは、その後の人生に影響しまつ。
この100日間のがんばりを成功体験にできる人間は、将来の困難を前にしても、
100日間のがんばりが自信となるのでつ。
この100日、以下の学習を実行に移すことができない人間は、成功体験がないまま社会人となり、
何をやっても半端者で終わってしまいまつ。おそらくどぇつが・・・・・・

実行すべきは以下の内容でつ。
あと3回は各々が使用しているテキストを繰り返して2月の試験に臨むことができれば合格にかなり近づくと考えていいでつ。。
年内に、今各々が使用しているテキストを最低2回はなんとしても繰り返してください。
つまり、愛用しているテキストのページ数を50日でわれば、今日から1日あたりの具体的ノルマがはじき出されまつ。
たとえば、500ページもの日本史の教科書なら500÷50、つまり毎日欠かさず10ページを熟読することで、今年2回は教科書を、通して読み込めむことができ、合格にぐっと近づくということでつ。
英語・古文・漢字も同じ要領で、各々のテキストの総ページ数÷50日で年内に2回はテキストを制覇できまつ。
そしていよいよ年明けからは、勉強時間も一気に1日12時間学習で、
2月のゴールを見事に差し切ってください。

この100日の勉強法を間違えず、習慣づけてください。
習慣は第二の天性でつ。           


受験勉強で疲れても、鶴丸チルドレンには、他の受験生にはない武器がありまつ。
皆さんはイミダペプチドのおかげで、相対的に有利な立場で受験を迎えることができるのでつ。
これは何よりの強みでつわ!



スポンサーサイト
プロフィール

鶴丸強

Author:鶴丸強
青山学院大学国際政経学部卒業。猪木正道教授に師事。大学卒業後ソニー株式会社に入社、人事部にて、給与・労務・勤務管理・採用面接等、全般に携わる。

その後独立し、大学受験を目指す高校生・高卒生を対象に、現代文・小論文・社会人基礎力を教える予備校講師、及び、大学生、大学院生を対象とした就活指導にあたる。

AO入試合格後の高校生対象に、12回の講義で毎年2月開催の簿記3級を取得させる講座および、ディズニーやマクドナルド等高校生にもおなじみの企業の財務諸表の読み方を教える「社会人基礎力講座」が大好評!

現場経験に基づいたわかりやすく面白い楽習指導により、13年間で約1600名の高校生・高卒生・社会人のエントリーシート添削と面接指導にあたる。テーラーメイドの志望理由書作成と面接指導により、毎年高い合格実績を出し続ける。社会人基礎力養成講師。簿記講師。

「読み書き簿記を義務教育期間で完全マスター」をスローガンとして、震災後の日本再生を教育面から行い、知的武装集団を輩出し続けてゆく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。