--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-28

推薦入試ガイダンス

推薦入試で合格を勝ち取るために「何をするべきか」を、受験生のみなさんに分かりやすく伝えていきます。でもその前に、まず
「推薦入試では何が求められているのか」、ということから確認しておきましょう。

【推薦入試で合格する人とはどんな人?】
 多くの高校生や浪人生を添削してきた経験から、「合格できる人」とは、ズバリ

「なぜうちの大学に入りたいのか」という

志望理由を、

自分の言葉で


明確に話すことの出来る人です。


推薦入試では多くの大学で、高校の評定平均(学校の成績)以外に、

①エントリーシート(自己PR・志望理由書)

②小論文試験 ③面接試
の3つの試験を課しています。

毎年エントリーシートの添削をしていると、「私は将来○○になりたい」ということを一生懸命書いてくる受験生を多く見かけます。もちろん、志望理由を述べる上で、将来の夢や希望を述べることは必要なことなのですが、

大学側は特に「なぜうちの大学に入りたいのか」を聞きたがっています。

他の大学ではなく、なぜその大学なのか
、ここがポイントです。
 この点を明確に述べることのできる受験生は実はほとんどいません。

ところで、就職活動においては“業界研究”と“企業研究”が不可欠です。まず、業界研究で自分が将来やりたい仕事の方向性を明確にし、次に、企業研究で自分のやりたいことが実現できる環境がその企業にあるか否かを調べていきます。
 
これを推薦入試に置き換えれば、将来やりたいことは“学問研究”であり、どの大学のどの学部・学科が自分にとってベストの環境であるかを考えていくのが

“大学研究”です。

しかし、ほとんどの受験生は“学問研究”の段階でとまってしまっていて

“大学研究”
までしっかりとできていないというのが現状です。

大学側が何を求めているのかをまずは理解しておく必要があります。


鶴の一声
推薦入試は①エントリーシート②小論文③面接

3つの柱から成り立っている。3つの選抜方法で

「大学が何を求めているのか」

を知ることから推薦入試対策は始まる。

②の小論文の対策には、今手に入れることのできる最高の参考書として、学研辞典編集部編

そのまま使える小論文キーワード2500

の、そのまんま使える論点・フレーズを利用すれば万全!!!!に近いでつよ。





スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

鶴丸強

Author:鶴丸強
青山学院大学国際政経学部卒業。猪木正道教授に師事。大学卒業後ソニー株式会社に入社、人事部にて、給与・労務・勤務管理・採用面接等、全般に携わる。

その後独立し、大学受験を目指す高校生・高卒生を対象に、現代文・小論文・社会人基礎力を教える予備校講師、及び、大学生、大学院生を対象とした就活指導にあたる。

AO入試合格後の高校生対象に、12回の講義で毎年2月開催の簿記3級を取得させる講座および、ディズニーやマクドナルド等高校生にもおなじみの企業の財務諸表の読み方を教える「社会人基礎力講座」が大好評!

現場経験に基づいたわかりやすく面白い楽習指導により、13年間で約1600名の高校生・高卒生・社会人のエントリーシート添削と面接指導にあたる。テーラーメイドの志望理由書作成と面接指導により、毎年高い合格実績を出し続ける。社会人基礎力養成講師。簿記講師。

「読み書き簿記を義務教育期間で完全マスター」をスローガンとして、震災後の日本再生を教育面から行い、知的武装集団を輩出し続けてゆく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。