--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-28

<JAL>赤いツルのロゴマーク「鶴丸」復活

あ
JAL>赤いツルのロゴマーク「鶴丸」復活

会社更生手続き中の日本航空は28日、赤いツルのロゴマーク「鶴丸」を尾翼に復活させた1号機を、羽田空港で報道陣に披露した。鶴丸は、1959年の国際線開設にあわせて採用された。日航は「再生の証し」(首脳)と位置付け、再建をアピールする。

当方も受験進化論シリーズ
「速脳クリック」を15年ぶりに復活させ再生
いたしまつ。

IT教育授業でお困りの学校・塾関係者の皆様ご一報ください。
右脳と左脳の相乗効果を百聞は一見体験に如かず!
モーツアルトの音楽に合わせ、文字が踊りだす感覚が・・・・・・凄い

2011-01-29

馬柱が読める人は、財務諸表もわかる!

当方の抗疲労現代文と簿記の本質は、仕分けができれば点になるということで鶴。
仕分けが分からなければ点に結びつかない。現代文と簿記を同じ解き方で指導できるのが
当方の最大の強みゆえ鶴丸強????

毛1点、競馬の馬柱がわかる人は、企業の財務諸表・計算書類もすぐに理解できるようになりまつ。
だれでもわかる財務諸表の読み方を就活生、大学生のみならず、今後は社会人にも指導してまいりま鶴。

戦後教育の大失敗で、読み書き簿記の知識がないままに社会人となり、知的武装が皆無ゆえに
ただただ時間に酷使される奴隷のような生活を強いられている輩が巷にあふれていま鶴。
そこで、無学年方式で社会人になるまでに、誰もが、読み・書き・簿記・英会話を
駆使できる人材の育成に残りの人生は注力していくことにしま鶴。
YKB(読み書き簿記)英語セミナーの鶴丸強で鶴。よろぴくお願いしまつ。
手歩先生の日本史をはじめ、受験問題を速読・速聴つまり速脳で処理する革新的な指導速脳クリックで
知的武装集団を輩出することで、日本沈没を何とかくいとめて参りま鶴。



平成23年3月期 OTSの第3四半期決算短信
この企業の決算書は読むごとにアルファー波がわき出てくるような
心地よさがありまつ。仕事の基本はあきない飽きない⇒商いということなので鶴。
日本発世界初のがんペプチドワクチンの衝撃が世界を駆け巡るかいなか・・・・真価の問われる一年で鶴!

当社グループは、東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター長中村祐輔教授と共同で、ほぼ全ての癌を対象とした網羅的な遺伝子発現解析等を実施し、既に多くの癌治療薬開発に適した標的分子を同定しております。また、近年それらの標的に対し、癌ワクチン、低分子医薬、抗体医薬、核酸医薬 の、各領域における創薬研究を積極的に展開し、既に、膵臓癌を対象とした第Ⅱ/Ⅲ相臨床試験を実施中の新生血管阻害作用を期待した癌治療用ワクチン
OTS102のほか、臨床試験を実施中または準備中の医薬品候補物質を複数有しております。

医薬開発領域
医薬開発領域においては、扶桑薬品工業株式会社ならびに大塚製薬株式会社と提携しております新生血管阻害作用を期待した癌治療用ワクチンOTS102 は、膵臓癌を対象とした第Ⅱ/Ⅲ 相臨床試験(PEGASUS-PC study)及び胆道癌を対象とした第Ⅱ相臨床試験を実施しています。なお、PEGASUS-PCstudyにつきましては、11月に第三者機関である効果安全性委員会での中間解析を実施し,「治験継続」の勧告を頂き,現在計画通り治験を継続しております。
大塚製薬株式会社と提携しております膵臓癌に対するペプチドワクチンの開発については、第Ⅰ相臨床試験を終了し、第Ⅱ相臨床試験開始の準備中です。大腸癌ペプチドワクチンについては、現在、GMP下でのペプチド合成を実施しており、臨床試験を開始するために必要な非臨床試験の準備をしています。
さらに、塩野義製薬株式会社と提携しております膀胱癌ペプチドワクチンについては、塩野義製薬株式会社が第Ⅰ/Ⅱ相臨床試験を実施しており、食道癌、肺ならびに気管支及び頭頚部における扁平上皮癌を対象としたペプチドワクチンについては、塩野義製薬株式会社が第Ⅰ/Ⅱ相臨床試験を開始いたしました。
また、シンガポールでは、NUH(National University Hospital)にて胃癌に対するワクチンOTSGC-A24
の第Ⅰ/Ⅱ相臨床試験を開始することとなりました。

英語と会計そしてITこそは世界の共通言語!知的武装で人生を切り拓く夢を拓く

2011-01-08

2011年勝負の年!結果を出せオンコセラピー!

2011年新春展望、オンコセラピー・サイエンス社長・角田卓也、創立10年を迎えて


「まこと小さい国が、開花期を迎えようとしている」。司馬遼太郎の「坂の上の雲」の一節です。今年はまさに我が社が開花期を迎えるかどうかの勝負の年です。我が社が東大医科研発バイオベンチャーとして創立したのは2001年であり、今年で10年を迎えます。欧米でもバイオベンチャーは、創立後一端下降線を描き、ある時期からは上昇し、ついには上市できるような、患者さんの役に立つ医薬品を産み出しています。それには10年から15年の期間が必要だと言われております。

 ヒトゲノム情報がほぼ解明され、現在はポストゲノム時代と呼ばれています。このゲノム情報を基に画期的な治療薬が産み出されるゲノム創薬といわれてからはや10年がたちました。しかし、まだ人類の福祉安寧に寄与するような、患者さんのためになっているものは世界でもまだ産み出されておりません。

 我が社は東大医科研中村祐輔研究所の世界最高レベルのゲノム情報をプラットホームテクノロジーとして、一日も早く副作用がなく有効性の高いがん治療薬を開発して、がん患者さんの役に立つ世界初の治療薬・診断薬を産み出すことを社是として日々戦っております。今年は、がん治療用ワクチンの治験が次々と後期臨床試験(臨床的に有効であるかどうかを調べる)段階に進んでいき、最も進んでいる膵がんワクチンは検証試験(pivotal study)として最終結果が出る予定です。また、シンガポール政府の援助をいただき、シンガポールで胃がんに対する治療用ワクチンの治験が本格化します。抗体薬ではフランス、リオン自治体の助成をいただき、本年夏には治験を開始します。低分子薬もin vivoで強力な抗腫瘍効果を出す新規化合物が多数出てきております。

 我が社は常にがん患者さんのために戦っており、この戦いは単に我が社自身のための戦いではありません。ヒトゲノム解読という科学の進歩が患者さんの役に立てるものを産み出せるのか、その答えを出すことが我々の使命であると身の引き締まる思いです。ただ患者さんのために、いかなる困難にも全力で立ち向かう決意で新年を迎えました。今年もご指導よろしくお願い申し上げます。

看護医療を目指す全ての人は必見でつ。

がんばれオンコ
がんばれそいけん イミダFR    
がんばれ鶴
2010-12-23

中村祐輔研究室同窓生の手紙 

91名の中村祐輔研究室同窓生
世話人(五十音順)
池川志郎、稲澤譲治、田中敏博、時野隆至、戸田達史、永瀬浩喜、三木義男

2010年12月16日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

 私たちは、中村祐輔先生の「疾患に取り組む研究者としての姿勢」に共感を覚え、大学院生あるいは研究員として中村研究室の門をたたき、疾患克服を目指した遺伝医学的な研究の手ほどきを直接受けた同窓生です。

 今回の「東大医科研がんワクチン」に関する朝日新聞の一連の報道は、中村先生の研究に対する姿勢や人柄を揶揄する内容となっています。このままでは国民の皆さん、とりわけがんを始めとする難病に苦しむ患者さんに誤解を生むのではないかと危惧を抱いています。中村先生のもとで研究生活を送り、中村先生を最も良く理解している私たちの意見を述べておかねばならないとの思いから筆を執りました。

 今回の報道は、中村先生が私利私欲のために研究を行っているかのような誤解を与える構成に仕立てられています。このことは、がんを含むさまざまな疾患の克服のための研究の方法や技術のみならず、研究者や医師として取り組むべき姿勢、とりわけ「患者さんの役に立つ研究をせよ」という教えを徹底的に教授され、これを心に受けとめ努力してきた私たちにとって、強い憤りを感じさせるものです。

 そこで、私たちが知るところの中村先生の研究に対する姿勢、考え方を端的に示す事実の一端を述べます。

 中村祐輔研究室ではゲノム研究の黎明期より多くの研究成果が出され、他の研究室から手法や技術に関する問い合わせが後をたたない状況が続きました。これを受けて中村研では、できるだけ多くの研究者に正確で客観的な実験手法の情報を分かりやすく提供するために、幾つかのプロトコール集を上梓してきました。

 中村研ではこの執筆料を、中村先生の発案で、1990年に「がん遺児奨学金制度あしなが基金」に寄付し、その後も慣例としています。今回の朝日新聞の報道に関連する記事が週刊現代に掲載され、その中で中村先生がオンコセラピーサイエンス社の株式上場に際して発生した利益を「あしなが育英基金」に寄付したとの内容が明かされましたが、このようながん遺児支援は既に20年も前から行われてきたものです。

 また、その志は多くの中村研同窓生にも受け継がれており、「患者さんの役に立つ研究をせよ」という教えと同様に中村研のDNAといってもよいものです。

 現時点で治療薬の有効率が最も低いのは抗がん剤です。中村先生は、研究の成果をがんの新しい治療法開発に結びつけるとの信念のもとに、化合物による分子標的治療薬の開発に力を注いでいました。

 ですが、このやり方では、大手製薬企業が何百億円という巨額の研究開発費を投入したとしても十年以上の開発期間が必要で、新しい抗がん剤を患者さんの元に直ちに届けることは不可能です。開発の期間中にも、がん患者さんは適切な治療法が見いだせないままに「がん難民」として行き場を失い、科学的根拠のない民間療法等に流れていってしまう状況が続きます。

 そこで中村先生は行き場を失ったがん患者さんに治療の光明を見いだせる可能性のある「がんワクチン療法」に着目し、現在はその開発を研究の主眼としています。どのような過程を経ることが現在の状況において「がん患者さんを助けることに最も繋がるか」を見きわめた上での判断と、それにもとづく実行力が中村先生を動かしているだけです。

 私たちは、現在、ある者は継続して研究を続け、またある者は臨床医として医療に携わりながら、患者さんが病気に打ち勝つ姿を夢に日夜務めています。医学以外にも、薬学、理学、工学、農学、水産学などのさまざまな領域から中村研究室に参加した学生や研究者も少なくありません。そのようなメンバーも同様に、がん、神経疾患、循環器疾患を始めとするさまざまな難治性疾患の克服に向けた研究を大学や研究機関、民間施設、企業などで続けています。その一人一人が、少しでも患者さんの役に立つような成果を上げ、わずかでも人のためになれればと願いつつ仕事をしています。

 新たな治療法や治療薬の開発は、多くのがん患者さんやご家族にとって大きな希望です。今回の一連の報道により、がん患者さんの不安が増したり、がん患者さんにとって不利益を招く日本のがん臨床研究が停滞しないよう、切に望みます。

青木孝學・明石浩史・網代将彦・阿部聡子・有山洋二・
飯坂正義・飯田有俊・池川志郎・石川晋之・石川暢久・
磯村実・一井重利・伊東功・稲澤譲治・井上耕一・
今井高志・鵜木元香・江崎俊彦・尾内善広・大坪茂・
岡村修・尾崎浩一・織田克利・小濱和貴・小原航・
柿内聡司・柏谷琴映・加藤達哉・鎌谷洋一郎・城所知秀・
鬼原史・木村隆・木村康利・久保充明・鯉沼潤吉・
小林敬明・小林千浩・斎藤広子・坂本崇・佐々木慎・
佐藤孝明・佐藤暢人・志茂新・下川卓志・高田亮・
高野淳・高橋めい子・武井卓・竹原章雄・田中敏博・
谷脇雅也・玉利真由美・田村賢司・旦慎吾・知念克也・
塚元和弘・辻川元一・時野隆至・戸田達史・永瀬浩喜・
中村透・長山聡・西宇美恵子・西舘敏彦・二宮伸介・
長谷川傑・秦淳・早馬聡・速水晋也・平田大三郎・
福田清輔・藤森実・藤原義之・二村学・古畑智久・
細川雅代・堀井明・前田士郎・丸山修・三浦康・三木義男・
三好康雄・筵田泰誠・森隆弘・柳生隆一郎・山川和弘・
山口達也・山崎慶子・山吹匠・幸大輔・吉浦孝一郎
(計91名、50音順)

プロフィール

鶴丸強

Author:鶴丸強
青山学院大学国際政経学部卒業。猪木正道教授に師事。大学卒業後ソニー株式会社に入社、人事部にて、給与・労務・勤務管理・採用面接等、全般に携わる。

その後独立し、大学受験を目指す高校生・高卒生を対象に、現代文・小論文・社会人基礎力を教える予備校講師、及び、大学生、大学院生を対象とした就活指導にあたる。

AO入試合格後の高校生対象に、12回の講義で毎年2月開催の簿記3級を取得させる講座および、ディズニーやマクドナルド等高校生にもおなじみの企業の財務諸表の読み方を教える「社会人基礎力講座」が大好評!

現場経験に基づいたわかりやすく面白い楽習指導により、13年間で約1600名の高校生・高卒生・社会人のエントリーシート添削と面接指導にあたる。テーラーメイドの志望理由書作成と面接指導により、毎年高い合格実績を出し続ける。社会人基礎力養成講師。簿記講師。

「読み書き簿記を義務教育期間で完全マスター」をスローガンとして、震災後の日本再生を教育面から行い、知的武装集団を輩出し続けてゆく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。